パワーストーンイメージ

いつも大切にしているパワーストーンのおかげで霊感持ちになった気がします

私には、とても大切にしているパワーストーンがあります。
それは水晶なんですが。
傍目にはひび割れが入っていてあまり効果がありそうな感じには見えません。
けれど日光にあてると、角度によってそのヒビが虹色に輝く箇所があるのです。
私はその石をショップで買い求めてから大切にしていたのですが、更に大切にしようと決めたきっかけがありました。
2年前の夏、友人達の誘いがあってみんなで旅行に行きました。
旅行の行程も楽しく、あちこち観光しながら宿泊先である山の上のホテルに到着しました。
そのホテルは少し古くて陰気な感じがしたのでいやだなあと内心思っていたのですが、友達が選んでくれたホテルなので文句もいうことも出来ず、その日は食事をしたり温泉に入ったりしてくつろぎました。
この宿泊プランがシーズンオフだったせいもあるにしては安かったのですが、友達も私達の予算の都合を見て決めてくれたホテルでした。
旅の疲れも手伝ってすぐに眠れたのですが、真夜中に目が覚めてしまいそのままベランダに出てみました。
外の長めは絶景ですが、崖の上に立てられたホテルの階下には山裾が広がりまっくらです。
けれどその日は快晴だったので見上げると星が降り注ぎ、都会の生活ではけして見ることが出来ない素晴らしい眺めでした。
私はそのまましばらく起きて星空を眺めていました。
何となく部屋に入る気がしないのは星が綺麗だからだけではなく、やはりなんだかいい印象が部屋の中にないのです。
けっして霊感持ちというわけではない私なのですが、どうしてもこのいやな感じは拭えず、結局そのまま夜を明かしてしまいました。
日が昇って行くと真っ暗な山裾は緑豊かな森に変わり、セミの鳴く声が聞こえて来てホッとしたのを覚えています。
朝になり朝食をいただき、みんなで朝の散歩をしました。
ひとりの子が「なんかあの部屋、ちょっと怖いよね」と言い出したのを皮切りに、みんなが私も私もと話しだしたのです。
同じことを考えていたのはみんな一緒だったんだと安心しながら、私は独り占めした星空の話を披露したりして、ホテルを後にしました。
帰宅してからというもの、どうにも様子が変です。
やたらと夢見が悪くなってしまい、なんだか体調もスッキリしませんでした。
眠れないのがとても辛くて、私はお守りにしている水晶のパワーストーンを握りしめ「助けて」と願いました。
そして握りしめたまま朝になり、あの怖い感じはなくなってくれたのでホッとしました。
後にも先にも、石を握りしめたまま眠ったのはこの時だけでした。
少し後、旅行に同行した友人から電話がありました。
「あのホテルについて調べたところ、わかった話があるんだけど聞きたいか」と聞かれ、もしかしてそれは怖い話かと聞いたところ、やはりホテルには幽霊話があったそうなのです。
あの部屋、と言う風には書かれてはいなかったそうなのですが、宿泊者の何人か体調を崩してしまった事例があるとのことでした。
私も「帰って来てからどうにも怖かったんだよ、でももう大丈夫だから」と、水晶を握りしめながら眠った話をすると、友人も手持ちのパワーストーンで是非そうしてみるねと通話を切りました。
それは気のせいなのかもしれないのですが、私にとって水晶が更に宝物になった話です。
これからも、このパワーストーンのメンテナンスを怠らずに、ずっと大事にしていきたいです。

Copyright(C) 2010 お守り.com All Rights Reserved.