パワーストーンイメージ

病気の改善をサポートするパワーストーン

うちの家族はもともとパワーストーンが大好きで、家族そろっていろんな石を集めています。
なかなかストレスが全くない生活をするというのも難しく、ストレスが原因の一つで発症した病気に私と母がかかりました。
母はリウマチ、私は喘息になってしまったのです。
病院に通いながらも症状は一進一退という感じで、落ち込んでしまうことも増えました。
そういう時にパワーストーンには病気を回復するサポートをしてくれる力があることを知りました。
それまではまさか石に病気の回復をサポートする力まであるとは思ってなかったのでとても驚きました。
パワーストーンは病気を治す力はありません。
しかし持病がある人に起こりがちな気分の落ち込みを癒して前向きに病と立ち向かう勇気を与えてくれます。
またその病気にあったパワーで元気になれるようにと手助けしてくれます。
例えば喘息に効果的だと言われている石はなんと21種類もあります。
それらの石は喘息だけではなく呼吸器系である肺、咳、のどなどの症状に良いそうです。
私はそれらの内の3つの石を持っています。
そこで自分で喘息を回復させられるように願いを込めてブレスレットhttp://www.spanishtoys.com/を作りました。
持ってみてぽわんと温かい気を感じるものを選んだので私自身との相性が良く、身に着けていても心地よいです。
病は気からとは言いますけれど、私の場合は本当に症状が少し改善されたのです。
毎日起きていた発作は3.4日に1度くらいしか出なくなりましたし、なにより暗くなりがちだった気持ちが明るくなってきました。
心が病んでいては病も改善するわけがありません。
石がそう教えてくれたようにも感じます。
今は左腕に常に2つのブレスレットをつけています。
私のお守りのようになっています。
毎日身につけるので時々浄化をしています。
さざれという浄化専用の石を使っています。
やり方はさざれをお気に入りのお皿などに入れて、その上にパワーストーンを乗せておくだけです。
その石によってはやってはいけない浄化方法がありますが、さざれはどの石でも問題なく浄化に利用できるものですので、一つは持っていたほうがいいです。
浄化を終えた石はパワーを戻して輝きが増しています。
そして身につけるとパワーがぐんっと入ってくるのを感じます。
そうすることで私自身も元気になれます。
時々身につけていたはずのブレスレットが急になくなってしまうことがありますが、これは本当に不思議です。
なにしろはずした覚えが全くないからです。
しかしこれはその石が持ち主の身代わりとなって災いなどから身を守ってくれたということなのです。
ですから感謝の気持ちを持って心でお礼をしています。
呼吸器系の他にも、毛髪や頭痛、目の病や疲れ、肌、歯痛、新陳代謝を良くするものなどいろんな効果を持つ石がたくさんあります。
まさにパワーストーンは癒しの石なのだと感じます。
私の母もリウマチに効果的だと言われる石を身につけていますが、足を動かすのが早くなったと喜んでいました。
最終的には完治を目指して、石のパワーを借りながら自分たちの病に対して前向きに努力していくつもりです。
もし同じように持病がある方がいたら、石のパワーのサポートを借りてみるのもいいです。

↓オリジナルのパワーストーン

Copyright(C) 2010 お守り.com All Rights Reserved.